新築、一戸建てはどんな人が向いているのか?

これから一戸建てを購入する予定の方は、対象の商品が適しているかを理解しておくと買い物を行いやすいです。基本的に一戸建ては老後のゆとりを重視したい人に適した商品です。戸建てを購入すれば老後もゆっくりと自宅で過ごすことができます。例えば庭付きの住宅を購入すれば、ガーデニングをしたりパターゴルフをしたりしてのんびりと生活を行うことが可能です。また家族が遊びに来た時に戸建てが広いと招き入れやすいため人の集まる環境が作れます。

新築を購入すれば社会的信用も勝ち取れるのでおすすめです。例えば住宅は資産価値があるものです。自分の家は時として担保としても使うことが可能です。まとまったお金を借りたいときなどに担保があれば、借入も利用しやすく社会人としての信用度も上昇します。

自分のライフスタイルを自由自在に変化させたいという方にも一戸建てはおすすめです。例えば注文住宅は間取りを自由に変更できるものもあります。そのため家族構成に応じた可変式の住居を購入したいときにも一戸建ては良いです。子供の成長とともに一人部屋を作らないといけません。賃貸マンションのように間取りが変更できない場合は、新しい場所に住み替えないといけないのでコストがかさみます。

新築の注文住宅なら建築をする前に予め間取りを自由に調整することが可能です。子供の成長を見据えて可変式の間取り変更ができる住宅を作っておけば、後から改築などをする必要もなく余計なコストがかかりません。将来を性を見据えた人生設計をしたいという方に一戸建ての購入はおすすめです。

また住宅を購入をすれば定期的にリフォームをする必要があります。住宅はずっと使用していると設備などが劣化するため、定期的にリフォームを行い購入時の状態に戻しましょう。そうすれば住宅が著しく劣化してしまう事態を食い止められるため、末永く住むことができます。ただしリフォームを行うときはそれなりの金額がかかります。例えばお風呂が劣化したら工事を行い新しいユニットバスを取り付ける、トイレも新しいものしないといけないためコストに注意が必要です。

長期的に住宅に住めば住むほど修繕代金はかさむため、リフォーム費用を想定して資金計画ができない方に一戸建ての購入は向いていません。ちなみにリフォームは10年に一回程度の頻度で行うものなので、それまでに必要な資金を貯めることができる方なら問題なく一戸建ての購入は向いています。

関連記事
noimg
家を買わずに、賃貸で暮らす場合のメリット・デメリット

賃貸物件を利用して生活を行う場合はいくつかのメリットがあります。例えば住宅を購入する時に大半の方が住宅ローンを利用します。ローンは数十年かけ

記事を読む

マイホーム
ローコストハウスメーカーの人気ランキング!失敗しない業者選び

できるだけ安価に住宅を建築したいときはローコストハウスメーカーを利用しましょう。同サービスは文字通りローコストで建築できる住宅商品を扱ってい

記事を読む

noimg
地震で家を失ったとき住宅ローンは残るのか

地震大国日本において最も気をつけたいのが住宅の倒壊です。もし地震が起きて住宅が壊れてしまったときに住宅ローンはどうなってしまうのか理解してお

記事を読む

noimg
住宅ローンの借りすぎで生活を圧迫してしまわないために

一戸建て住宅を購入するときには大半の方が住宅ローンを利用します。一般的に一戸建て住宅は高い金額で販売されている場合が多いです。数千万円クラス

記事を読む

マイホーム
おすすめのハウスメーカーランキング!失敗しない選択ポイント

住宅建築をする時は、ハウスメーカーが利用できます。ハウスメーカーとは主に全国規模で展開している住宅建築会社のことです。大手が運営をしている住

記事を読む

noimg
注文住宅を購入するための土地探しについて

注文住宅を購入する時は土地の選定を慎重に行う必要があります。基本的に土地はそれぞれの地域によって販売金額が違います。そのため資金計画をしっか

記事を読む

noimg
マイホームを購入して良かったこと、失敗したこと

マイホームを購入するときに重要になるのが使用感や満足感です。購入してから問題が発覚すると結果的に買い物に失敗することになってしまいます。そこ

記事を読む